のどかホームで物件探しから、全てを。リノベーションから始まる、あなたの暮らしをサポート。

物件を売りたい方はこちら

今、リノベーションを選択する理由なぜ、今「リノベーション」なのか?nodokaのご提案するリノベーションのメリット

今、リノベーションを選択する理由

リノベーションが注目される理由

近年日本の住宅市場が新築至上主義から中古住宅に大きな関心を寄せる人々が多くなってきている事をご存知でしょうか!?元々欧米では中古住宅の流通比率が日本の(3倍)もあると言われています。そうした事から国土交通省では、新成長戦略(平成22年6月18日閣議決定)に示された「中古住宅・リフォーム市場の倍増」に向け、新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品質・性能を高め、中古住宅流通によりストック型の住宅市場への転換を図るために、今後講ずべき施策について検討を行い、「中古住宅・リフォームトータルプラン」としてとりまとめ、2020年までに中古住宅市場の倍増を目指しています。
皆様もこれまでのマイホーム計画というと敷居が高いイメージをされていたのではないでしょうか!?しかし中古住宅市場の活性化が進んだ事により『中古住宅購入+リノベーション』という組み合わせが選択肢を広げ、新築では課題であった、低コスト、高立地を実現できるメリットによりユーザーのマイホーム計画の視野を大きく広げる事が実現出来るようになりました。

何故nodokaが選ばれるか

一級建築士事務所とリフォーム、不動産業として歩んできた弊社の独自ブランドとして立ち上げた『nodokaスタイル』が提供する独自サービスです。『中古住宅+独自リノベーション』という新たな発想で


Point 1ライフスタイルに合わせた独自の生活空間を造る事が出来ます

リノベーションは、自分の洋服を自分の好みで選び組み合わせるかのように、自分のニーズに応じて自由に自分らしさを表現することができます。 住まいに対するイメージは人それぞれ異なり、世界で1つしかない住まいが誕生します。既存のマンションや建売住宅なら、どれも似たり寄ったりで無難な内装になってしまっていることが多く、内装に強いこだわりがあり、自分みの内装を選びたいという方にはリノベーションがおすすめです。間仕切りがない広々としたリビングにしたり、システムキッチンを設置したりなど、既存の住まいでは味わえない、自分だけのライフスタイルを演出することができます。

nodokaのリノベーションパッケージを見る

Point 2物件の立地や住環境も新築に比べ選択肢が広がります

中古の戸建やマンションを購入することで、新築と比べより安い予算を設定できるため、立地の選択肢が大きく広がります。 限られた開発プロジェクトの中から選ぶ新築と違い、住みたいエリアの駅から徒歩5分以内や、閑静な住宅地や水辺で暮らしたいなど細かな環境の条件を満たす戸建やマンションを探し出せる可能性があります。また、間取りや内装、設備機器が条件を多少満たしてなくても、新しく変えてしまうため、あまり気を使う必要はなく、エリアや立地さえ条件を満たせればよいという部分もあるため、対象となる戸建やマンションの範囲を増やすことができます。

nodokaの不動産サービスを見る

Point 3新築に比べ7割~9割の価格帯に抑えることが出来ます

中古を購入してリノベーションする費用の方が20~30%程安く済むことが多くあります。中古物件の価格にもよりますが、新築よりも安い費用で理想の住空間を手に入れることができます。 また、新築の戸建やマンションの価格は、新築後15年間で大きく下落し、その後は景気に応じて緩やかに上下するようです。そのため、築20年以上の戸建やマンションを購入することで、購入後数年で市場価格が大きく下降するリスクを避けることもできます。

中古リノベ・新築を比較する

なぜリノベーションが「賢い選択」なのか

近年注目を浴びることの増えた「リノベーション」住宅ですが、もともと中古住宅の流通比率が日本の数倍も高い欧米では、当たり前のように行われてきました。 ところが、日本国内では新築至上主義とも言える独特の文化や価値観、供給に重きをおいた戦後の国策などの影響もあって、これまであまり浸透してきませんでした。 しかし近年、今後の日本の住宅市場を考えた時に、リノベーション市場が活性化せざる得ない理由が明確になってきました。

建て替えが難しい建物にも対応できる

経済状況も生活プランも全く異なる区分所有者の80%(五分の四)以上の同意が得られないと原則不可能。 加えて建ぺい率・容積率が現行規制で余裕がある物件でないと、建替えによって持分面積が減床されてしまう可能性が高く、多くの場合、個別に建て替え資金の負担が必要になります。

中古住宅が爆発的に増加する

今後、リノベーションの対象となる中古マンションのストック数は、首都圏に限定しても10年で約2倍、20年で約3倍近くになると言われています。 増え続けるこの膨大な数の住宅市場を、流通性のある市場にすることが、今後の課題になっています。

資産としての流通性が生まれる

バランス釜のお風呂、抜けかかった床、カビの生えたクロス・・。 このような古くなった住宅は誰かが手を加えないと売れません。 売れないということは、国家として膨大な資産が凍結することを意味します。

中古物件のリフォーム・リノベーションを国策で推めている

戦後一貫して取られてきたフロー(量)重視の政策から、ストック(質)重視の政策へ大きく舵取りが切られ始めました。 2010年に定められた「中古住宅・リフォームトータルプラン」では、ストック型の住宅市場への転換を国策として定め、2020年までの市場規模倍増を目指しています。

リノベーションに対する意識が変化している

ひと昔前は、新築住宅を買えなかった人たちが中古住宅を買う、といった見方が一部でありましたが、今や進んで古きものの中に「価値」や「オリジナルティ」を見出そうとする価値観が育ってきました。 また、取得費用負担の少ない中古住宅を選ぶことにより、住宅費の負担を軽減し、より豊かなライフスタイルを求める若い世代も増えてきています。

nodokaのリノベーションは、
住まいに新しい価値を生み出し、
「賢い暮らし」を実現するお手伝いをいたします。