のどかホームで物件探しから、全てを。リノベーションから始まる、あなたの暮らしをサポート。

物件を売りたい方はこちら

比較!中古リノベ・新築中古物件のリノベーションと新築、あなたにとって本当にお得なのはどちら?

比較!中古リノベ・新築

リノベーションと新築の違い

新築は、土台から全てを新しく作る建築する方法です。敷地内に、設計的に可能であれば自由に建物を配置し、庭をどこに配置するか、そして植栽なども新たに決めることが出来ます。建物自体についても、間取りを自由に決めることが出来ます。水周りなども同様のことが言えます。 ただし、費用は1から全てかかりますので、総額ですとそれなりの金額になることは考慮する必要があります。 経年変化については、まったくの新品ですので、当然ながら考慮する必要がないのは大きなメリットです。 リノベーションは、規模を変えず建物の持つ機能を回復させるものです。どの程度手を入れるかは、元の物件のコンディションによってさまざまです。すでに建物がありますので、大規模小規模にかかわらず、敷地内での配置は制限を受けます。間取りについても、変更が可能な部分もありますが、構造上どうしても変えられない部分があることは避けられません。 水周りについても同様のことが言えます。物件によってコンディションの差が大きいですので、十分な検討は必要です。 費用に関しては、流用できる部分もありますので、同規模の新築に比べると総額が安くなることが多いです。 同じ予算であれば、総体として、広さや立地で新築よりも良い場所や、広い間取りが確保できます。

それぞれの特徴

  新築 中古リノベーション
工事の前提 既存の住宅の活かせる部分を改修
費用相場 約1,000~4,000万円
(内容によって異なる)
約300~2,000万円
(内容によって異なる)
改修費用以外の諸経費 土地代、期間の仮住まい費用+引越し費用 基本はなし
検討目安の築年数 部分リフォーム(特に水廻りや屋根・外壁)は築10〜20年、大規模リノベーションは築20~30年が目安
間取り 自由に設計可能 一部制約あり
工期 約12ヵ月 約1ヵ月(標準リノベーションの場合)
立地 ほとんどが郊外の物件を選択することになる 都市部の好立地の物件が多数選択可能

コストや工期をカットしたいなら
リノベーションが最適!

メリット・デメリットで比較

  新築 中古リノベーション
メリット ●未使用
●間取りや設備などの不満を解決できる
●内装・設備の選択性
●完成品が見られる
●コスト面が圧倒的にお得
●工期が短い
●必要な部分のみの改修(数年おきの改修)が可能
●各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)の軽減が可能
●中古の味わいの良さを活かした改修ができる
デメリット ●コストが割高になりやすい
●工期が長い
●各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)がかかる
●理想を実現する場合、追加費用が必要となる場合も
●劣化が激しい場合、補修費用がそれなりにかかる
●新築、建替えに比べ自由度が少ない

コスト重視ならリノベーション
自由度&長期的視点なら新築