のどかホームで物件探しから、全てを。リノベーションから始まる、あなたの暮らしをサポート。

物件を売りたい方はこちら

nodokaな暮らし発見リノベーションにまつわるライフスタイルから豆知識まで、nodoka視点でお届けします!

間取りの変更を行うマンションリノベーションの費用はどれくらいかかるか

間取りの変更を行うマンションリノベーションの費用はどれくらいかかるか

マンションリノベーションには、大きく分けて、骨組みなどを残してすべてを新しくするスケルトンリノベーションと、間取りの変更を伴うリノベーション、間取りの変更を伴なわない小規模なリノベーションの3種類があります。以下では、間取りの変更を行うリノベーションの費用の相場について解説します。

間取り変更リノベーションの費用相場

間取り変更リノベーションとは、壁を取り払って1つの部屋にしたり、1つの部屋に間仕切りをして、子供部屋を2室にする等、既存の間取りを変更するリフォームです。「もっとひろいリビングでゆったり暮らしたい」「下の子が大きくなったので、子供部屋を間仕切りしてあげたい」などという場合には、この間取り変更リノベーションを行います。

間取り変更リノベーションには様々ありますが、そのうちの代表的なリノベーションの費用相場を表示すると、以下のようになります。

  • 間仕切り壁の新規設置 5万円~20万円
  • 壁の撤去と簡単な補修工事 15万円~30万円
  • 6畳の部屋を2つつなげる₊壁の貼り替え 35万円~100万円
  • 広い部屋を2つの部屋に分ける 10万円~25万円
  • 水回り(キッチン・浴室・洗面所・トイレなど)の設置₊床の貼り替え 200万円~500万円

なお、建築の状況や使用する素材の種類によっては、上記の金額の倍以上の費用がかかることもあります。


自由に間取りを変えられるラーメン構造の中古マンションを選ぶ

代表的なマンションの構造には、ラーメン構造と壁式構造の2つがあります。ラーメン構造とは、柱と梁をつないで建物を支える構造のことを言います。一方の壁式構造とは、床板と壁板を組み合わせて建物を支える構造のことを言います。中高層マンションにはラーメン構造で建築されるものが多く、5階以下の低層マンションでは壁式構造で建築される物件が多いとされています。

ラーメン構造のマンションでは、壁の撤去を比較的自由に行うことができますが、壁式構造のマンションでは、壁自体が建物を支える重要な役割を担いますから、リノベーションを行う際、壁の撤去が制限されます。

従って、中古マンションを購入して間取り変更リノベーションを行うことを希望する場合には、ラーメン構造のマンションを選ぶ必要があります。購入しようとするマンションがラーメン構造で建築されているかどうかは、マンション取引を仲介する不動産業者に問い合わせれば分かります。

リノベーション費用を抑える方法

間取り変更リノベーションで費用を抑える方法としては、まず、複数の施行業者に相談をしてみることがあげられます。施工業者によって得意な間取り変更の種類は異なりますし、同じ内容の工事でも費用が異なってきます。2社~4社程度の施行業者に相談して、リーズナブルな料金で自分の希望に最も適合した提案をしてくれる業者を選択することが重要です。

また、水回りの変更を伴うリノベーションを行うとリノベーション費用が急激に高く傾向があります。リノベーション費用を抑えたいのであれば、水回りには手を付けない方が得策です。

最後に、リノベーションの工期を出来るだけ短くすることも必要です。リノベーション期間はマンションに住むことができませんから、家賃を払って別の住宅に住むことになります。工事期間が長くなれば、それだけ支払う家賃の金額が大きくなります。短期間で工事が終わると、支払う家賃の金額が減り、その分工事に係る費用を節約できます。