のどかホームで物件探しから、全てを。リノベーションから始まる、あなたの暮らしをサポート。

物件を売りたい方はこちら

nodokaな暮らし発見リノベーションにまつわるライフスタイルから豆知識まで、nodoka視点でお届けします!

スケルトンリフォームとは何か?リノベーションとはどう違うのか?

スケルトンリフォームとは何か?リノベーションとはどう違うのか?

既存の住宅を基礎と柱の骨格部分だけの状態まで一度解体して、そこから新築同様の状態に作り変えるスケルトンリフォームは、建て替えと比較してより低価格で、新築同様の住宅を手に入れる方法として最近注目を集めています。そこで、以下では、スケルトンリフォームとは何か?リノベーションとはどう違うのか?ということについて解説します。

スケルトンリフォームとはどういう意味か

スケルトンリフォームとは、既存の住宅を一度躯体が見えるところまで解体し、新たにすべての内装を作り直すリフォームのことを言います。スケルトンは、本来は人間や動物の骨格という意味ですが、一度住宅を骨格のみの状態まで解体するので、この名称が付けられています。スケルトンリフォームによって、リフォーム後の住宅は新築同様に変わります。

ただのリフォームの場合には、キッチンや浴室などの水回りの移動には大きな制限が伴うのですが、スケルトンリフォームの場合には水回りの移動も自由自在です。天井の照明器具の配置替えも簡単に行えます。

スケルトンリフォームは間取りの変更など住宅をフルリフォームするので大きな予算が必要ですし、事前に納得がいくまで十分に相談を重ね、周到な計画を立てる必要があります。従って、リホーム業者の選択を慎重に行い信頼のできる会社に工事を依頼する必要があります。

スケルトンリフォームとリノベーションの違い

リノベーションとは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を建物の新築の時より向上させたり、価値を高めたりすることを言います。一方、リフォームは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいうのが一般的です。リフォームの場合は、リノベーションとは異なり、住宅に新たな価値を付加するのではなく、かつてあった状態を取り戻すというイメージが強くなります。

スケルトンリフォームの場合には、大規模な改築を行い自分の好みに合わせた新築同様の住宅に作り替えるわけですから、リノベーションに近い意味い合いを持ちますが、今のところは、スケルトンリノベーションとは言わずにスケルトンリフォームという名称が使われています。

リノベーションは、以前よりもワンランク上の質の高い物件に生まれ変わらせることを目的としていますが、リフォームは、原状回復というイメージです。

スケルトンリフォームの費用はどのくらいか

スケルトンリフォームの費用はどのくらいか

スケルトンリフォームの費用は、一戸建ての場合、新築費用の2/3程度とされています。新築の場合、工事費の坪単価は一般的に60万円程度ですが、スケルトンリフォームの工事費の坪単価は40万円程度と言われています。なお、新築の場合には不動産取得税や所有権保存登記などの費用がかかりますが、スケルトンリフォームの場合には、そういった費用は掛かりませんので、この点についても割安だと言えます。

古い住宅だとシロアリ被害で柱がボロボロだとか、経年劣化で基礎がボロボロだということもあります。こういった物件についてスケルトンリフォームを行うと、費用がかかりすぎて単に建て替えた方が安く上がったというケースも考えられます。柱や基礎の状態は解体してみないと分からないこともありますが、古い住宅の場合には、スケルトンリフォームにするか建て替えるかは慎重に判断する必要があります。

スケルトンリフォームの工期はどれくらいか

スケルトンリフォームの工期は2か月~3か月程度と言われています。新築と比較して、基礎や柱など骨格部分を建築する必要がないので、その分、工期は短くなります。施工計画の検討期間も考慮すれば、全体で6カ月程度の期間が必要になります。例えば、4月からリフォーム後の住宅で新生活を始めたいという場合には、遅くとも前年10月頃から検討を始めなくてはなりません。

スケルトンリフォームは通常のリホームと比較すると解体工事が大掛かりになるので、工事に入る前に周辺住民によく説明をして、理解してもらえるようにしておく必要があります。特にマンションでスケルトンリフォームを行う場合には、上下左右の住民から騒音に対する苦情が出やすいので注意が必要です。工事の際に近隣住民に対して十分な気遣いができるリフォーム会社を選ぶことも重要です。

スケルトンリフォームは誰に頼んだらよいのか

スケルトンリフォームは、大規模な工事になり予算も大きくなりますので、信頼できるリフォーム会社を選ぶ点が大切です。工事にあたっては事前に十分な相談を行うことも必要です。リフォームに関する十分な知識や経験を保有していることは言うまでもありませんが、相談がしやすいということも施工業者選びの1つのポイントになります。

スケルトンリホームの施行業者には、大きく分けて①地元の工務店②中堅リフォーム会社③大手リフォーム会社の3種類が存在します。①地元の工務店は、シンプルなデザインで価格を抑えたいという方に向いています。②中堅リフォーム会社は、デザインにこだわる人や施工会社からいろいろ提案してほしい方に向いています。③大手リフォーム会社は、資金に余裕があり、ブランドにこだわる人に向いています。

横浜・川崎市のリノベーション物件多数掲載!

横浜・川崎市密着ののどかホームでは、リノベーション物件を多数取り扱っております。未掲載物件も多数ございますので、是非、お気軽のご相談下さいませ。 お問い合わせ・資料請求はこちら